lovefool

はてなダイアリー版(1995〜2018)の過去ログです。更新はありません。

20000

takanabe1999-02-26



ホームページのカウンターって他の誰でもない管理人である僕の為だけに存在するんですが、どうやらね、これを読むあなたあたりで20000カウント行くらしいです。このページ。


ラヴフールの前身である「home:takanabe hiroyuki」の頃からカウントされてるんだけど、最初にカウントしたのが97年10月12日だったんで、一年と4ヶ月と11日で達成したことになるのかな。いやいやほんとありがたいことです。一日平均だと40.4人? うわー、けっこうすごくない? なんか、ちょっと自信ついてきたわ。誰か誉めて下さい。


最近は前ほどメディアとしての「かっちり感」を保つ気がなくなって、知っている人ならわかると思うけど、本人同様だらーっとした記事をだらーっと更新してる感じ。1年前には鳥肌が立つほどいやだった「日記めいた記事」とか進んでばんばん載せちゃってるしね。頼まれてないのに顔写真とかまでアップだし。一日40人に僕の私生活報告してどうすんだっての。露出狂か?


このページを通じて出会った人も長い間にたくさん増えた。もう専属契約アーティストに任命したえりなちゃんを始めとして、デザイナーでアトリエの先輩でもあったけいこさん、割烹着ユニットの「モゴ」で見事アーバナートに入賞した愛ちゃんとモシュさん、遊園地の設計をしているMIRINさん、ガラス工芸家のヨシカさん、ステキなコトバを紡ぐヲルカさん、impressionsさん、キラキラヒメのミキちゃん、最近ではオオタ君、カナちゃんみたいな、どう考えてもステキすぎる年下のかわいい兄弟たちまで現れて、「ラヴフール」ってタイトルにふさわしい愛に溺れっぱなしの毎日。普段の生活でもそうだけど、これ以上溺れるとヒトのカタチを保てなくなりそうで怖いです。どくろのカウチンの裾から長くて黒いしっぽが見えてしまいそう。


なんかうまく言えないんですが、いつか僕のやる気がなくなってふと消えてしまう日が来たとしても「ラヴフール」というこの場所だけは残るみたいな感じになったらすげえなぁ。そういうのがホームページに限らず昔から理想としてある。名前や功績を残したいという意味じゃなくて、この場所を通じて生まれた関係(その中に僕は入ってなくて全然かまわない)そのものを大事にしたい。まぁ本人は既にいないときの話しをしているわけだから、知ったこっちゃないし、余計なお世話と言えばそれまでですが。


まぁ、兎にも角にもそれには管理人であるところの僕の精進がまず必要なので、日常生活でかっこよさを磨くようにがんばります。そしてもっとステキで愛しい毎日を紡ぐ。幸せにまみれた果報者になる。そこだけ公約。


そんなわけでこれからも「ラヴフール」をよろしくね。

本「フューチャー・スタイル」山中俊治

フューチャー・スタイル

フューチャー・スタイル

いつの時代にも夢見屋さんは重要な存在で、夢見屋さんは具体的な発明をしてくれるわけじゃないんだけど、いないと世の中はちっとも便利にもかっこよくもなってくれないのです。


例えば電気がないような昔の時代に「高いところに昇るのは面倒だよな」っていう一般的な気持ちがあるとして、誰かが「階段」というモノを発明したとしましょう。みんなは喜ぶでしょう。昨日より上り下りが楽になったし、直線距離で昇っていけるわけですから。でも夢見屋ならすぐにこう言うはず。「それじゃあ昇る面倒は少しも解決してない。僕は昇る苦労そのものをなくしたいんだ」。それを聞いた他の人は多分大笑い。夢見屋はなんて怠け者なんだ。それだからみんなに慰み者のされるんだとか言いたいように言われるでしょう。でも夢見屋は言うのです。「階段の方が勝手に昇ってくれればいいじゃないか。僕らを乗せて、そのまま」。それでも他の人たちはぽかんとした顔で、なお一層の罵詈雑言を浴びせるはず。「動く階段だって? そんなモノどうやったらできるんだい?」


でも現代の僕らの前には、エスカレーターというモノやエレベーターというモノが出現していて、それらは当たり前に僕らの日常生活をサポートしてくれています。そうした毎日が最初に実現できるようになるには様々な技術革新や、電気を安定させてなおかつ安価に供給し続けると言った設備が必要ですが、僕が思うにそれは最初に「階段の方を動かせば、楽ちんじゃん」って思っちゃった人が一番すごいと思うのね。これって今僕が作った話なんですけど。


「大好きなミュージシャンの演奏を好きなときに好きなだけ聴きたい」とか「遠く離れた恋人の声を今聴きたい」とか「夜中でも昼間のような明るさの部屋でバリバリ仕事ができたら!」とかって思う気持ちには誰にでもあったわけだから、そこにどんなモノができたらいいかって思い描けるヒトを僕は尊敬するし、社会的にももっと評価されるべきだよね。たとえ現存しない技術がそこにひとつふたつあっても、だいたいのメカニズムと大きさと素材がわかれば、それは発明に勝る恐るべきクリエイトだと思うのです。


そんな人たちを僕は、便宜上「夢見屋」とか「フューチャリスト未来派)」って呼ぶことにしています。そしてそれを現代の普通に名前の付いた職業にすると「工業デザイナー」「アニメーター」「作家」なんかがそれっぽいのかな。あとは「ゲームクリエイター」の一部もそうか。まぁ、源流を辿ればどれもレオナルド・ダ・ヴィンチに辿り着きます。これなら文句ないでしょ。どう考えても。


この本はそういう現代の夢見屋を目指す工業デザイナーの、近未来の便利世界の話し。もう帯からして挑戦的。「ダ・ヴィンチさん、こんなもんでいかがでしょう」だって。うわー。


最初の20ページぐらいはそれこそ村の人たちのように「なーに都合いいことばっかり言ってんだか、この夢見屋が」ってな感じなんですが、まだこの世の中に現存しないけど、これから必ず現れるであろう新素材や発明品たちにいち早く、工業デザインとしての新しいフォルムを求めようとしたこの作者はデザイナーとして当たり前のことをしているだけなはずなのに、僕の思い描く「フューチャリスト未来派)」に限りなく近い姿勢で疾走しているように見えます。便利過ぎる世の中だからこそ、こんなに夢を持って、そこに具体的なカタチを吹き込む行為に価値を感じます。思えば、僕らは日頃与えられることにあまりに慣れすぎていませんか? 不平ばっかりで、何か夢を具体的にあげることはできますか?


学生はもちろん、サラリーマンクリエイター必携の書です。読んどけって。な。

ラヴフールのあの人に会いたくて。(焼き肉パーティー編)


焼き肉ですよ。焼き肉。それも普通の焼き肉じゃないよ。たまたま東京に来ていたガラス工芸家のヨシカさんと、みなさんご存じ天才画家のえりなちゃん、そしてお二人のリクエストにお答えして、トキワの森からぴかちゅう(ほんもの)までも登場して、それはそれはすごいメンバーで食べさせていただきました。もう何? この世にインターネットがなかったらあり得ない瞬間を僕は今生きているんだなー、とかそういう気持ち? しかも僕がいないと全員初対面だし(!)。ラヴフールちょっとすごすぎ。仕事なんか休んじゃえばよかったのに、普通に待たせてしまいました。寒かったのに、慣れない土地でごめんね。


一般的にはこういうの「オフ会」って言うの? よく考えたら、僕はネットで出会った人たちと複数で会ったことがなかったってことに気がついた。しかもミネストローネでけいこさんに指摘されるまでもなく「ホストになりきれない」僕ですから、その慌てぶりといったらもう大変。普段より声のトーンが半音上がっちゃったりして、弱気な学級委員長じゃなんだからさぁ。みんなそれぞれオトナなんだから、放っておいたってちゃんと仲良くなれるってことがあまりにわかってなかったみたいです。


でも、実際に会ってみていつも思うのは、目の前にその相手がいるときはしゃべんなくても楽しさやうれしさが伝わったり、共有できるところ。それが何よりもいいよね。1時間も経たないうちになんか普通にいい空気が広がっていくのがわかった。みんなそれぞれ性格付けがはっきりしていたんで、こんな家族で暮らしていくのも楽しいかもってちょっと想像しておかしかった。次があるのかわかんないけど、またこういうのが巡ってくるといいなぁと思った。ステキな時間をありがとう。


バーのコースターみんなで絵を描いた。
誰がどれかは一目瞭然。