lovefool

たかなべが、ゲームやそれ以外の関心事を紹介します。

  ラヴフール(www.lovefool.jp) * * * * * * * * *

七夕


「土曜日」
朝、火災報知機の点検が9時に来て目が覚めた。作業員が部屋の中に上がってきても相変わらず、カナは布団の中にもぐったままだった。めちゃくちゃ暑い。カナが七夕飾りを作りたいと言うので、笹を買いに出かけた。2件の花屋で笹を見つけたけど、どっちもしおれていた。聞けば笹は一度切ってしまうと水につけても枯れるだけなんだって。ふーん。一瞬、その辺の笹をのこぎりで切りに行こうかとも思ったけど、のこぎりを持っていない上に笹が生えているところも知らなかったので300円でしおれた笹を買ってしまった。100円ショップで色紙、穴開けパンチ、針金を買う。あと半ズボンも買った。100円。昼飯はターンエーガンダムを見ながら茄子カレーを食べた。


昨日の夜遅かったせいもあり眠くなって昼寝。昼寝はあんまり好きじゃない。体内時計が狂うから。でも案の定爆睡してしまい、電話で目覚めると夜だった。電話はシンクからだった。明日大阪に帰る予定だったけど、父親たっての要望で今帰りますとのこと。送りにいけなくて残念だと言うと、またすぐに会えますよという。そうなのかな。そうだといいな。


夕飯を食べに散歩ついでに近所をうろつく。時間の感覚がおかしい。行ったことのないラーメン屋で食べてみた。フツーすぎて無口になるような味だった。もう10時を過ぎていたけど、何にもしない日だったので漫画喫茶に行った。カナは「MONSTER」にはまりっぱなしだ。僕は「狂四郎2030」を読んだ。12時ごろ帰って、七夕飾りを作った。短冊を書いた。「年収アップ」。そう書いてしまうと他に願い事は思い浮かばなかった。「楽ちん」。もう僕の生き方がにじみ出ている気がした。ところで短冊の願い事は誰が叶えてくれるんだろうか。織姫と彦星? 長距離恋愛に夢中の彼らがそんな余裕ないと思うんですけど。バイト君の貸してくれた「ハンター×ハンター」を読みながら寝た。


「日曜日」
近所に保険が利く接骨院ができたので、慢性肩こりを治すべく行ってみる。ぼろい雑居ビルだったので尻込みしたけど、入ってみるとピンクを基調とした清潔な感じだった。先生は若くてまっちょで気さくな感じだった。だけど、でかいボリュームで宇多田ヒカルのアルバムをずーっと掛けているのはどうかと思った。僕の体を揉みほぐしてもらった。かなりアグレッシブだ。痛気持ちいい。心臓の裏側が痛いので背中が悪いものとばかり思っていたけど、腰と足が張っているとかゆわれる。デスクワークの僕は20分に一度腕の屈伸をしないといけないらしい。20分に一回?? 10時間業務だと1日に30回?? 会社でやるにはなかなか勇気がいる。最後に前屈っぽい斜めの板に乗せられた。体が硬いので一番傾斜が浅いやつにしてもらった。看護婦に「どうですか?」と聞かれる。どうですかも何も板に乗る意味がそもそもわかんないんですけど。最初の2週間は毎日でも通わないといけないらしい。健康って大変だ。家に帰って作ってもらったスパゲッティを食べた。食後、ポポロクロイスをやっていたら、もみ返しが来てくたくたになった。


ちょっと休憩して先週申請したパスポートを取りに行った。1万5千円も掛かった。写真は首から下を丸くぼかされていて、飛んでいる生首みたいだった。海外でパスポートは命の次に大事にしないといけないらしい。命が実際どれくらい大事なのかイマイチ検討がつかないので、ファミコンよりどれくらい大事なのかに置き換えて欲しいと思った。ゲームキューブ4つぐらい、とかさ。


デパートで水着を買った。最近泳げもしないのにプールに行くのだった。健康のためだ。こないだ水着を見たら尻に小さな穴が空いていた。仕方なく新調。ホントにどうでもいいような紺色のにした。泳げないんだから洒落たのなんか着てられない。っていうか男物の水着で洒落たのなんて見たことない。ウルトラマンみたいな塗り分けのか、アフリカのカエルみたいな柄とか、エロ下着みたいなのかの3択だ。ついでに度入りのゴーグル、鼻栓、スイムキャップも買う。近くのおもちゃ屋でワゴンセールのゲーム「マイクロマシーンズ」の新品を1000円で買った。店員が蝋人形みたいな顔色で、40歳ぐらいなのに何を聞いても満足な返事が返ってこない危ない感じだった。足早に店を出た。


カナが皮膚にやさしい石鹸を探したいと言うので、西武に行った。すごい種類の無添加石鹸があった。カナは目移りしていた。石鹸はそういうのにありがちな特別高いものではなかった。もっと近所で買えたらいいのに。


食べたいねーと言いながらなかなか機会に恵まれなかったうなぎを食べに行こうと思っていたんだけど、なかなかお腹がすかないし、お茶も飲んだばかりだし、足が痛いしで、また漫画喫茶で時間をつぶす。カナはMONSTERを読破して、おかしくなっていた。僕も狂四郎2030の9巻を読んで不覚にも泣いてしまった。漫画家ってホントスゲなー。僕が尊敬する職業ナンバーワンだ。あんなにローテク(電気を使わなくて)で、ローコストで、自己完結度(純度)、おもてなし度が高いものってなかなかない。二人して別々の漫画に感動しつつ、うなぎ屋に向かう。


うなぎ屋は古い建物の、もうなんか壁とかにも味が染み込んじゃってるような店だった。一番高いうな重2つと肝吸いと卵焼きを頼んだ。全然お客がいないのでなんかやな感じだなぁと思ったら、ものすごい大きなゴキブリがテーブルの下に現れてへこんだ。雑誌でばちーん!とやっつけると、その大きい音にびっくりして、カウンターの下で長電話していた店員のおばさんが顔を出した。ゴキブリを指差した。たくさん謝られたけど、だからって気分が晴れたりするわけもなく。うなぎもなんだかまずかったです。もっと違うところに食べに行こう。


帰りの電車で度入りゴーグルを組み立てた。ゴーグルなのにメガネと同じようにいろんなものがはっきり見えるのは新鮮だった。これでプールサイドの美少女、もといカナ様を遠目でもはっきり見ることが出来るのでうれしいです。よかったよかった。