「斜め45度のボケない写真」から「カフェっぽい写真」、そして「空気感を捉える写真」へ。もちろんこの3つで料理写真の現代史を語れるわけではありませんが、変化の要因として、それぞれ「フィルム」「デジタルカメラの登場」「デジタルカメラの軽量化」が見てとれるのは興味深いですね。カメラというハード側の変化が料理写真の表現に影響を及ぼしているともいえなくはないと思います。

http://lovecake.tumblr.com/post/107979713408/45-3