lovefool

はてなダイアリー版(1995〜2018)の過去ログです。更新はありません。

レトロゲームの説明を写実的にしてみる(1)


ネオンで形作られた迷路の中で道に並べられたクッキーをすべて平らげる。
俺自身も口しかない黄色い巨大なモンスターであり「食べる」ことだけしか
脳のない強欲の持ち主。迷路にはカラフルな幽霊がさまよい、奴らに触れた
が最後、体中が溶けて死んでしまう。なんでクッキーを食べ続けなきゃいけ
ないのか、今の俺にはもう思い出せない。クッキーの中でひときわ大きなも
のを食べるとパワーアップしてハイになる。それを消化し終わるまでの間、
幽霊をも食い尽くすことができる。怖いものなしだ。その時、幽霊たちは俺
の姿に怯えて逃げ出す。


↑「パックマン




地下に巣食ったモンスターたちを、地層を掘り進みながら全滅させる。やわ
な地盤を掘って、落盤でモンスターを圧死させたり、ポンプの杭を打ち込ん
でモンスターの体に圧縮空気を送り込み爆死させるなどして殲滅する。モン
スターは最後の一匹になると逃げ出そうとするが、行く先を先読みしてでも
追い詰めて殺すべきだ。掘り進んでいると時々野菜が埋もれていることがあ
るが、なんだかそのシュールさは俺にとってご褒美のように感じられる。


↑「ディグダグ

★GBAゲームレビュー★交錯する「過去」と「現在」――すべてのナゾを解き明かせ!「逆転裁判 3」

http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20040219/saiban.htm