lovefool

はてなダイアリー版(1995〜2018)の過去ログです。更新はありません。

映画「リリィ・シュシュのすべて」

リリイ・シュシュのすべて 特別版 [DVD]

リリイ・シュシュのすべて 特別版 [DVD]

ビデオで「リリィ・シュシュのすべて」を見ました。僕が持っている数少ないDVDライブラリの半分は岩井俊二監督の作品だったりしますが、買う前にあの作品は「お試し」してからの方がいいよ、とありとあらゆる人に言われたのでそうしてみました。見終わって「やっぱすげえなぁ」って気持ちと「この程度かぁ」って気持ちが深く入り混じりました。


コピーに「14歳のリアル」とある。田舎の中学校を舞台に繰り広げられる陰惨ないじめ。いびつで醜い共同体。そこで引き裂かれてバラバラになりそうな気持ちを現実に繋ぎ止める役割を果たす「リリィ・シュシュ」のカリスマ的な音楽。熱の発露としてのネットの掲示板という場所。そこで感じる違和感。


あらゆる人が抱える「心の温度差」の問題を、14歳らしい舞台(学校)とメンタリティを借りて語った物語なんじゃないだろうか。


フツーに生きていれば、いろんなつらいことがある。悲しいことも起きる。共同体の中でそれが起こる為には、それが起こるなりの事情(保身)があって、痛みは自分で抱え込む以外どこにも逃げていくことがない。ヘッドフォン越しの音楽によってつなぎとめる現実は、誰にも頼れない、誰とも共有できない現実の温度の遠まわしな再確認かもしれない。


その温度を顔のない世界(現実じゃない場所)で確認しあえる掲示板の存在。一見、同じ目的と幻想を抱えた共同体である掲示板もそこでぶつけ合う熱の温度は高くても、主観的であるゆえにまた同じように共有できない。ただ熱が生まれては消えていくだけだ。瀉血でしかない。


それでも人生は続いていく、ということを一人一人が噛み締めて生きていく。14歳っていうのは確かにそんなことにもがいていた時間だったような気もする。だから叫ばずにはいられない。どこにもたどり着けないことに気づいて、それでもなお、歩き始めないといけない。ヘッドフォンを外さないといけない。


でもだからと言って、この映画で描かれる陰惨ないじめが、この主題にとって必ずしも必要だったのかと言われると疑問だ。そしてその陰惨なシーンを、映像美で甘くコーティングしてしまう演出も、どうなのかと思う。


14歳のリアル、というパッケージングに込められた各要素は分かる。映像や音が綺麗だなとも思う。でもその各要素の積み重ねで描いたリアルを通じて、伝えたかったメッセージの薄っぺらさに呆れてしまう。


すれ違う気持ち、重なり合おうとする気持ち、その温度差を埋めようともがく行為はたぶん一生続くんだろう。でもそんなことは14歳のいじめや現実逃避っていう方法で語られるべきだったんだろうか。


14歳に与えたいメッセージとしては、「あるよねー、こういうの、あるある」って会話で流れて終わってしまいそうだし、例えばオトナが14歳を思い出したり、今の14歳を理解するためのメッセージなら「こういういじめとかも実際あるかもしんないけど、で、結論は何?」って感じ。映画の「ラヴ&ポップ」もこんな感じだったな。刺のある情報を羅列しているだけ。


違和感は誰でも感じてるし、その中ですでに努力して生きてるはず。知りたいのは温度差がある現実のことじゃなくて、その先の生き方のヒントだと思う。そこがすっぽり抜け落ちてるこの映画は、連続した映像としてはともかく、「物語」としてなんだかとっても歯切れが悪い気がした。


DVD、微妙だなー。一年後にもっかいだけ見たいかもな。

映画「夏至」

夏至 特別版 [DVD]

夏至 特別版 [DVD]

ビデオで「夏至」を見ました。ベトナムの映画のようです。信じられないくらい色が綺麗だった。最近、匂いとか手触りを感じる映像が好きだ。多分、会社が地下で、毎日毎日パソコンのモニターばっかり見てるから「質感」に飢えてるんだと思う。例えば、旅行に出かけて吸収するのはそう言った普段のルーチンからは得られない「感触」だと思う。それは日光の違いであったり、風の匂いであったり、雨の音、水の色、建物の朽ち具合、食卓の匂い、草いきれ、言葉遣い、女性の化粧の仕方、肌の木目、日陰の湿り気具合だったりする。


この映画には三姉妹の、旦那を中心にした人生模様(不倫とか浮気とか)のようなものが語られはするんだけど、そんなもん全然字幕もいらないよってくらい、脚本自体、映像が存在するための便宜上のテキストでしかない。字幕を丁寧に追って一生懸命に物語を求めるより、肩の力を抜いて、その映像に身を任したほうがいいみたい。


特に強調されているのが亜熱帯植物の緑色。そしてその補色である赤の扱い。ベトナムと聞いて思い描くむっとするような暑さや泥っぽい感じではなくて、エスニック料理屋みたいな、ビビッドで、ウェットで、ちょっとだけスパイシーな感じの、西洋の感覚で整理された色使い。避暑地っぽい感じ。ちょっとかっこつけてる感じ。でも見ていてため息が出るぐらい綺麗。


ベトナムというお国柄(倫理的な意味で)かどうかはわからないんだけど、間接的なエロ表現がオトナだと思った。例えば主人公っぽい三女がまぁフツーに色っぽいんだけど、彼女が出てくるシーンはなんか常にどっかが濡れているとか、まどろんでいたりする映像ばっか。長い黒髪を髪を洗っていたり、家の外で三姉妹並んで、鳥の皮を洗って器用に剥いていたり、土砂降りの雨の中で匂いそうな汚い路地裏で雨宿りしたり。あとは兄弟でじゃれあったり、いつのまにか同じベッドで寝ていたり。


布と光のかかわりも綺麗だ。布が、光を通すもの、風をはらむものとして扱われて、画面の中になんともいえない優しさをかもし出す。音楽もほとんどなくて、水がぼたぼた落ちる音や遠くで鳥が泣く声など環境音が強調されているところもいい。


そういう美しいものに囲まれながら、男達は浮気やら不倫やらモラトリアムの頃から何にも成長のない悩みを行ったり来たりするし、女達はそんな男のやるせなさに涙しながらも、それらを包み込むように日々の生活を続けることを選ぶ。僕はそこに、行ったことのないベトナムの、おおらかさ、優しさのようなもの夢想した。誰かと生きるって、痛みを包み込んで、許しつづけることの繰り返しだと最近は思う。とても難しいことだけどね。あんな景色に囲まれて僕もより人間らしく生きたいな、とも思ったのでした。

プレステ2国内1000万台突破へ・SCE

http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20020630CAHI047929.html
むしろその1000万台の分母にどれだけのソフトがきちんと消費されて(分子)いるかの方が重要。多分、年に2本とかでしょ?

射精の学習実践・高校 男と女で疑問を出し合うちょうちん持ち授業

http://www.ne.jp/asahi/seikyokyo/2000/sp-14.html
教える授業より、感想を言い合うこういう授業の方が向いてるかもね。