lovefool

はてなダイアリー版(1995〜2018)の過去ログです。更新はありません。

diary

時間の無駄

例えばお母さんなんかが「ゲームなんて時間の無駄よ」みたいに言ったとして、「そんなことないもんね、ゲームはゲームとして人生に必要な大事な何かを伝えることもある」みたいに鼻息を荒くしつつ自己肯定するのも悪くないんだけど、「時間の無駄としてのゲ…

学ばない

仕事で、普段の僕なら興味がない、もしくは食わず嫌いで避けていた題材の本だの、漫画だの、映画だのをたくさん観ている。古今東西おかまいなし。いや、題材に限らず、そもそも本とか一切読まなかったしね。すんません。 世の中は日々便利になったり、清潔に…

ラヴフール・インタビュー ヤマモト→たかなべ

【ヤマモト】こんばんは 【たかなべ】こんばんわ 【ヤマモト】それじゃあ、先日受けたインタビューの逆インタビューとして、 ヤマモトから たかなべさんにインタビューさせてもらいたいと思います。 【たかなべ】はいはい、よろしくおねがいします 【ヤマモ…

ラヴフール・インタビュー たかなべ→ヤマモト

【たかなべ】 こんばんわ 【ヤマモト】 こんばんは! 【たかなべ】 えっと今日は特別企画、ラヴフール・インタビュー(3人目)です。 さて、自己紹介をおねがいします。あなたは誰ですか? 【ヤマモト】 ヤマモトタカシ、男性、40歳、事務職です。 【たかな…

辿り着く

ネットの時代になってから繋がり方は多様になった。いろんなサービスのいろんなコミュニティで時間も空間も離れた人たちに、なんとなく繋がっている気持ちになったりしてる。 ところでこないだ休日の街をふらふらしていたら、乳母車を押している女性と向かい…

秘伝のたれ

美大予備校みたいなところでデザインの勉強をしていたときに、無彩色(白や黒やグレー)は色じゃないという教育を受けた。そのせいもあって、いまだに真っ白や真っ黒を使うときにためらいがある。工業デザインの世界だとこれにメタリック(アルミやステンレ…

明日、君がいなくなりそうで

新しい恋人でもできたような感じで、食べ物に入れこむことがあって、1度そうなると1年ぐらいは毎日それが必要になってしまう。ここ数ヶ月は、喫茶店のアイスコーヒーにガムシロップを2個入れるのと、伊藤園の「TEA'S TEA NEWYORK ベルガモット&オレンジティ…

夜と朝について

否応なく誰かの人生について踏み込んで考えざるを得ない仕事をしている。それも毎日違う人の事を。その人たちとは知り合いではないし、直接の会話もない、でも踏み込まされてしまう。たった数10分とかなのに。 人生を踏み外したと感じる出来事において、後か…

立ち直る

「人生はアップで見ると悲劇だが、ロングショットではコメディだ」ってチャップリンがゆってた。前回の話はこの1行で終わる。 あともうひとつ。人は挫折すると、反省するどころか、そのことに対してより暴力的になる。開き直る。悪く聞こえるかもしれないけ…

ドラマチック

ビデオテープからDVDに媒体が移った時、大容量を活かして映像特典をつける作品が多かった。大好きな映画やアニメのDVDを買って、作品だけじゃなくて、その背景や舞台裏も知れるなんて素敵じゃん! 奇跡が生まれた現場に立ち会ったみたいじゃんって興奮してた…

レッテルと引き出し

悩み事の相談をすることが僕は昔から本当に苦手で、それなのに相談されることは少なくなくて、聞いて自分なりの解釈を返したところで、別に何の解決にも参考にもならないだろうなっていつも思ってる。「正しさ」なんて人の数だけあるし、自分の拙い人生経験…

空腹感

37年間、平均53キロぐらいの体重で生きてきてしまって、食べようが食べまいが、上がりも下がりもしなかったんだけども、治療を終えて、体に掛かる負荷がなくなったせいか、今が生まれてきてから一番重い体になってる。時折59キロをマークすることもあって、…

ニンテンドー3DS(1)

裸眼で立体映像と言うと、10年以上前、NHKの研究所でそういう液晶ディスプレイを見た気がする。ディスプレイが右目用側と左目用側で細かくでこぼこしていて、視差分ずれた2枚の絵を奇数偶数ラインで同時に表示するようなそんな仕掛けだった。DSのはシャッタ…

幻冬社の社長だったか、角川春樹だったか忘れたけど、余命をあと20年だと決めていて、その中で達成したいことをやりきるんだって。20年て長いようで全然そんなことなくて「例えば桜はあと20回しか見られないってことだよ」って言われた時、そのリアリティが…

鏡越し

ペットでもキャラクターグッズでもタトゥーでもいいんだけど、その人がストレスなく発揮できる好みの部分には、その人らしさだけじゃなくて、その人が他人に認めて欲しいダメな個性や、暴力性が詰まっている。なので、そういう好みにすがりすぎてしまう時期…

ビハインド

日々いろんなアウトプットをして、その中でもストレスや検閲がなく、心に近いものほど、自分の分身のように思ったりする。意図せずに出しているアウトプットも実は同じかそれ以上の情報を持っているんだけども、そっちは大事にされない。大事にされないほう…

維持と変化

不安が多い時代なので、生活の向上より安定を求める人が増えた。我慢している時間が長くて疲れとストレスが溜まってきたのと、そのまま進む先が全然明るく見えないせいと両方だと思う。 でも静かな生活や安定を求める人ほどうまく行ってない気がしてきた。と…

戯れる

現象をすべて吐き出さないと、本質に向かい合えないという話をしたけど、実際のところ、現象にまみれていることは楽しい。そしてまみれているからこそ、続けられるというのは真理だと思う。 「絵はどうやったら上手になる?」と聞かれて僕は「じゃあ、正円を…

一本の矢

世の中にまだないものを作っているとき、結局のところそれは何?みたいなことが、一言でスカッと言えるようになった瞬間に、物事の落としどころがすっきりと決まる。ふわふわとしているいろんな要素(現象)を、ある角度から放ったたった一本の矢がすべて射…

foursquare

http://foursquare.com/ 位置情報とひもづけたコミュニティ+ちょっとゲーム要素みたいなサービス。自分が行った場所先々で、iPhoneアプリを起動してリストから今いる場所を指定して「Check-in」ってボタンを押すと「そこにいます」ってことがfoursquare仲間…

流通しやすい言葉

ちょっと前までテキストサイトっていうのがネット巡回の楽しみだった。でも今はブログやmixiやtwitterが全盛で、ある程度字数のまとまったエッセイみたいなのはあんまり見なくなった。そもそも「巡回」という概念が古い。RSSリーダーやtwitterやtumblrでは、…

新陳代謝

コミュニケーションとは、自分が何をどう伝えたかじゃなく、相手が何を受け取ったかだと言う。でもそこで起こるロスや誤解を恐れたり、面倒くさがると、アウトプットはどんどん減ってしまう。人の価値はアウトプットの質ではなく総量の方に比例しやすいので…

デザインされたはずの音

聞かせるためにデザインされたはずの音の中にも不快なものはある。 着メロ、玄関のチャイム、時計のアラーム、レンジ、炊飯器、洗濯機の完了音、電子機器のボタン確認音、デジカメのシャッター音、まぁ警告系のものは意図して耳障りに作ってあるんだろうけど…

デリカシー

住むなら静かなところがいい。眠るのは、真っ暗で、音がない部屋がいい。 そう思って37年間を生きてきたけど、よく考えると、静かなところはそれほど好きじゃない。そもそも、音がない=静か、じゃない。 アイディアを練るときは、ある程度、いろんな雑音が…

線を描く

ストーリーについて、その世界を構成する前提条件が積み上がっていく過程が大好き。風呂敷を広げてる時、と言い換えてもいいかもしれない。世界を構築するための要素(設定)が点在して、それらをつないでいく線がストーリーになり、交差したところがダイナ…

ダイレクト

昨日とおとといの話を一文でまとめると「欲求というのは、安易な方法で満たせば満たすほど、感性を貧しくする」ってことなんです。だけどほとんどの人にとって感性なんかどうだっていいだろうし、安くて便利で気持ちいいことのほうがずっとずっと輝いて見え…

スローゲーム・スローエンターテインメント

日常生活については、ひとつひとつをちゃんと吟味したいっていうのが昨日の話し。なんか自然派志向のダメなOLみたいなこと言ってるけど。 でも仕事であるエンターテインメントには、まだ迷いがある。生活必需品でないものってのは「手軽さ」に流れやすい。ht…

その場しのがない

例えば靴下に穴があいてしまったとき、その機能を代用できる新しいものを手に入れる。フツーに考えたら、同じぐらいのグレードの、同じような靴下を買う。でもその新しいのも、近い将来また壊れるんだなーって思うと、グレードを下げてもいいんじゃないかっ…

iMac(3)

BootcampでWindows XPの音が出ない問題が解決した。サウンドドライバが競合してるんだって。だから一方を停止すればいい。価格.comで習った。 http://bbs.kakaku.com/bbs/K0000064889/SortID=10546437/ でもネットワークの問題は続いている。Bootcampだとな…

iPhone(16)

iPhoneのアプリを出した。前の会社の最後の仕事だった。もう半年近く前に完成させていたものだったので、なんか遠い昔の思い出のように感じる。 僕はPS2以降のゲーム作りと携帯電話初期のゲーム作りしか知らないので、一時期ファミコンぐらいの規模感(2,3人…